スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ChargeSPOT 使い方】モバイルバッテリーをレンタルして移動時間活用

「ChargeSPOT」のモバイルバッテリーレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマートフォンのバッテリーが少なくなったらあなたはどうしますか?

室内なら充電器に接続するでしょう。
しかし外出中や移動中なら?

街中にはモバイルバッテリーをレンタルできる「ChargeSPOT」と呼ばれるサービスがあります。

本記事では「ChargeSPOT」の使い方を、筆者が実際にモバイルバッテリーを借りてご紹介します。

最大の特徴は?→どこでも手軽にレンタルできるモバイルバッテリー

ChargeSPOT」(チャージ スポット)は、モバイルバッテリーをレンタルできるサービス。
全国に25,000台(2021年1月現在)も設置されているため、どこでも手軽にモバイルバッテリーを借りることができます。

代表例はファミリーマート。
他にもドコモショップや駅などにもあります。

借りたモバイルバッテリーは同じ場所に返す必要がなく、「ChargeSPOT」内ならどこでも返却可能。
車や電車での移動中にスマートフォンを充電することができてしまいます。

30分165円(税込)~

レンタル料金は30分165円(税込)からになっています。

レンタル時間価格(税込)
~30分165円
30分~2日(48時間)330円
2日(48時間)~3日(72時間)660円
3日(72時間)~4日(96時間)990円
4日(95時間)~5日(120時間)1,320円
5日(120時間)~3,300円

使い方は?

ChargeSPOT」はアプリから利用できます。

(1)アプリのダウンロードと支払い情報の設定

ChargeSPOT
ChargeSPOT
開発元:INFORICH ASIA HONG KONG LIMITED
無料
posted withアプリーチ

「ChargeSPOT」アプリは初期設定が必要です。
初めて起動すると、次のことが必要になります。

・アクセス許可(カメラや位置情報など)
・プライバシーポリシーの同意
・「ChargeSPOT」へのログイン

「ChargeSPOT」へのログインは3種類の内、1つを選択します。

・電話番号
・Facebook
・WeChat

「ChargeSPOT」の使い方1

筆者は電話番号でログインしました。
電話番号を入力し、認証コード欄の右にあるSMS認証を選択。
SMSで届いた認証コードを入力。
利用規約にも同意してログインしました。

その後はホーム(「ChargeSPOT」検索地図)へ移動します。

実際に「ChargeSPOT」を利用する前に、お支払情報を登録します。
(もし登録しなかった場合、利用時に登録することになります。)

1.左上にある横棒三本のメニューから「お支払い情報」を選択。
2.「登録」を選択。
3.お支払い情報の登録。

「ChargeSPOT」の使い方2「ChargeSPOT」の使い方3

支払い方は大きく4種類になっています。

・クレジットカード(JCB、Visa、Mastercard、Amex、Diners Club)
・キャリア決済(d払い、ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済)
・Paidy(後払い決済)
・QRコードスマホ決済(PayPay、メルペイ)

筆者はキャリア決済(auかんたん決済)で登録しました。

(2)QRコードを読み取ってモバイルバッテリーをレンタル

アプリで最寄りの「ChargeSPOT」を地図から探します。

「ChargeSPOT」はブルーピン、またはグレーピンとなっている場所です。

ブルーピン:現在モバイルバッテリーを借りられる「ChargeSPOT」
グレーピン:現在モバイルバッテリーを借りられない「ChargeSPOT」

「ChargeSPOT」の使い方4

「ChargeSPOT」の使い方5

これはとあるファミリーマートにあった「ChargeSPOT」。
店の入り口にありました。

「ChargeSPOT」の使い方6

レンタルするには「ChargeSPOT」のQRコードをスマートフォンで読み取ります。
アプリのホーム(地図)画面の下にある「QRスキャンして借りる」で、「ChargeSPOT」のQRコードを読み取ります。

すると「ChargeSPOT」のモバイルバッテリーのロックが外れ、取り出せるようになります。

アプリではホーム(地図)画面に現在の利用時間・予想金額が表示されます。
また「ChargeSPOT」はイエローピンに変わります。
イエローピンは現在モバイルバッテリーを返すことができる「ChargeSPOT」です。

「ChargeSPOT」の使い方7

「ChargeSPOT」にモバイルバッテリーを返すときは、空いているスロットに入れるだけです。

「ChargeSPOT」の使い方8

これは借りた場所とは別の「ChargeSPOT」。
写真ではわかりにくいですが、「ChargeSPOT」の液晶画面に利用時間や金額が表示されます。

アプリでも利用時間・金額の詳細情報が同時に表示されるようになっています。

【ギャラリー】ChargeSPOTのモバイルバッテリー/5,000mAh

ChargeSPOT」のモバイルバッテリーの仕様は次の通り。

・容量:5,000mAh
・出力:2A(5V)
・入力:1.5A(5V)

「RECHARGE」と書かれている場所にはmicroUSBポートがあるため、自分で充電することもできます。

「ChargeSPOT」のモバイルバッテリー

このモバイルバッテリーの後ろには3種類のケーブルが直接つながっています。
※3種類(USB Type-C、Lightning、microUSB)
(→【Lightning?USB Type-C?microUSB?】充電端子の基本)

「ChargeSPOT」のモバイルバッテリー

iPhone 7と大きさを比べると次のようになります。

「ChargeSPOT」のモバイルバッテリーと「iPhone 7」

iPhone 7とほぼ同じ大きさになっています。
感覚的で申し訳ありませんが、重量も同程度と思われます。

まとめ

ChargeSPOT」はどこでも手軽にモバイルバッテリーをレンタルできるサービス。
30分165円(税込)から利用できます。

アプリで「ChargeSPOT」のQRコードを読み取るだけで簡単にレンタル可能です。

借りられるモバイルバッテリーはiPhone 7と同程度のサイズで、バッテリー容量は5,000mAh。

また借りたモバイルバッテリーは、「ChargeSPOT」内ならどこでも返却可能。
移動中でもスマートフォンを充電することができてしまいます。

レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォロー!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
電池充電中

コメント

タイトルとURLをコピーしました