スポンサーリンク
スポンサーリンク

【「mAh」とは?】バッテリー容量の基本

【「mAh」とは?】バッテリー容量の基本基礎知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマートフォンやモバイルバッテリーなどを買う場合に目にする「mAh」。

どのようなものかご存じですか?

今さら聞くことができない「mAh」についての基本を紹介します。

「mAh」の読み方は?

「ミリ アンペア アワー」と言います。

「mAh」とは何?

「1時間に流せる電気」です。

「A」(アンペア)は「電流」(流せる電気)を意味します。
「mA」(ミリアンペア)は「A」(アンペア)の1/1000。
スマートフォンやモバイルバッテリーなどの小型精密機械では、流れる電気が少ないため「mA」と表現されています。
これに1時間当たりを示す「h」(アワー)を加えることで、「1時間に流せる電気」になります。

「mAh」=バッテリー容量?

「mAh」は言い換えると「バッテリー(電池)容量」となります。

「mAh」は「1時間に流せる電気」でした。
言い換えると「1時間に使える電気量」となります。
これをバッテリー(電池)に当てはめると、「バッテリーが1時間に使える電気量」=「バッテリー容量」となります。

「mAh」が数字が大きいと?

「mAh」が数字が大きいほど、1回の充電でバッテリー(電池)が長い時間使えるようになります。(→スマートフォン別バッテリー情報)

例えばiPhoneで比較します。

 iPhone SE (第3世代)iPhone 13iPhone 13 Pro Max
バッテリー容量2,018mAh3,227mAh4,352mAh
ビデオ再生最大15時間最大19時間最大28時間
ビデオ再生
(ストリーミング)
最大10時間最大15時間最大25時間
オーディオ再生最大50時間最大75時間最大95時間
参考iPhone SE (第3世代) & iPhone 13 & iPhone 13 Pro Max

バッテリー容量はiPhoneSE(第3世代)が一番少なく、iPhone13・iPhone13ProMaxでは順に大きくなっています。
すると比例してビデオ再生時間・オーディオ再生時間が延びています。
このように「mAh」が数字が大きいと、1回の充電で長い時間使うことができるようになります。
ただし使用環境や経年劣化により左右されることがあります。

サムネイル画像出典元:ApplePixapay

基礎知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォロー!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
電池充電中
タイトルとURLをコピーしました