スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Anker Powercore 20100 レビュー】iPhone 12を約5回フル充電できる特大容量

「Anker Powercore 20100」レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマートフォンの天敵はバッテリー切れ。
生活必需品で様々な用途で使うため、いつの間にかバッテリーが少なることも多いでしょう。

モバイルバッテリーの代名詞として定着している「Anker」(アンカー)製品。

Ankerのモバイルバッテリーの中でも特大容量である「Anker Powercore 20100」をレビューします。

最大の特徴は?→20,100mAhの特大容量

Anker Powercore 20100」の最大の特徴は、名前に示されているように20,100mAhの特大バッテリーを搭載していることでしょう。

20,100mAhはiPhone 12を約5回もフル充電できる容量になっています。

iPhone 12のバッテリー容量:2,815mAh
(→iPhone 12 電源&バッテリー情報)
実際の充電に使えるモバイルバッテリーの容量は約7割。
20,100mAh × 0.7(7割) = 14,070mAh(実際に充電できる量)
14,070mAh ÷ 2,815mAh(iPhone 12のバッテリー容量) ≒ 4.9(回分)

モバイルバッテリーの品質を保証するPSEマークもあり、メーカーからの保証は最大24ヶ月。
「Anker Powercore 20100」は、しっかりとした品質で長期間されているモバイルバッテリーでもあります。

同時充電できる?→2台まで最大4.8Aの充電可能

Anker Powercore 20100」は2つの充電ポートを搭載していますので、2台同時充電が可能です。

「Anker Powercore 20100」

端子はUSB Type-A。

Anker独自の急速充電技術(→急速充電)、PowerIQとVoltageBoostにより、2ポート合わせて最大4.8A(5V・24W)の急速充電も可能になっています。
※1台当たり最大2.4A(12W)。

試しにiPhone 7を充電してみると、出力は約1.7A(約8.6W)でした。

「Anker Powercore 20100」の出力

ただし「Anker Powercore 20100」本体の充電には、ある程度の時間が必要になります。
筆者環境では、約半分の充電で4時間ぐらい要しました。
「Anker Powercore 20100」の入力は最大2A(5V)まで。
充電端子はmicroUSBであるため、より速く充電可能なUSB Type-Cと比べると、どうしても充電が遅くなってしまいます。
また20,100mAhと特大容量であることも重なり、「Anker Powercore 20100」本体の充電には長い時間が必要になります。

サイズは?→大容量モデルの中では小さくて軽い

Anker Powercore 20100」は従来の20,000mAhモデルよりも、約30%も小さくて軽くなっています。
非常にコンパクトです。

「Anker Powercore 20100」の大きさは166mm×58mm×22mm、重さは356gとなっています。

iPhone 7と大きさを比較するとこのようになります。

「Anker Powercore 20100」とiPhone 7「Anker Powercore 20100」とiPhone 7

持ち歩くにはズッシリ感

先述の通り、「Anker Powercore 20100」の重さは356g。
実際の重さを量ってみると、355gでした。
対してiPhone 7は145g。
「Anker Powercore 20100」はiPhone 7よりも、約2.5倍も重くなっています。

「Anker Powercore 20100」の重さiPhone 7の重さ

特大容量であるため仕方ありませんが、持ち歩くにはズッシリと感じてしまう重さです。

【ギャラリー】持ちやすいデザイン/The・モバイルバッテリー

「Anker Powercore 20100」

持ちやすいデザイン。(手袋装着で失礼します)

「Anker Powercore 20100」

ロゴ周辺。高級感がある表面仕上げ。

「Anker Powercore 20100」

端子と電源ボタン。4つの青色LEDにより電池残量がわかります。

「Anker Powercore 20100」付属のmicroUSBケーブル

付属のmicroUSBケーブル。

まとめ

Anker Powercore 20100」は20,100mAhの特大容量を搭載しているモバイルバッテリー。
2台を同時充電可能で、合わせて最大4.8A(5V・24W)の急速充電ができます。
さらに従来の大容量モデルよりも約30%もコンパクト
持ちやすいデザインで、表面は高級感があります。

ただ特大容量であるために、「Anker Powercore 20100」本体の充電にはある程度時間が必要になります。
加えて実際の重さは355gであるため、持ち歩くにはズッシリと重く感じてしまいます。

レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォロー!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
電池充電中

コメント

タイトルとURLをコピーしました